ワーキングホリデーでオーストラリアが選ばれる、その魅力。

ワーキングホリデーや語学留学と言うと「オーストラリア」に行くかたが多いですよね。

どうして留学先にオーストラリアを選ぶ人が多いのでしょうか。

まずオーストラリアは移民の国、2世や3世といったバックグラウンドの異なる人たちがたくさんいます。

そのため、たくさんの異文化を共有することができ、世界各国の美味しいグルメを堪能できます。

語学留学でオーストラリア内の語学学校に集まる学生たちも世界50カ国以上、多くの学生と学び、他国の文化に触れうことができ、様々な経験をすることが出来るのもオーストラリアならではだからです。

また、オーストラリアは言わずと知れた大自然の宝庫で観光客も多く、ビジネスや教育の活気に溢れています。

そのため日本では近年AICのサポートを借り、ワーキングホリデーを利用する方が増えています。

資源が多く治安も良い、これほど暮らしやすい国が他にあるのかと思うくらい穏やかで優しい国です。

ケアンズ、ゴールドコーストといったビーチエリアで生活するもよし、シドニーやメルボルンのようなイギリス文化を色濃く残すヨーロッパ建築物の歴史の中で生活するもよし、対照的な二つの景色があるのはオーストラリアならでは、どちらも満喫することが出来る素敵な国なのです。

オーストラリアの英語は訛っている、なんていわれることがありますが、日本にも方言があるようにどこの国にも独特のイントネーションがあります。

アメリカでも州によっては同じ単語でも意味合いが違ったり、アクセントも様々。

それはイギリスでも同じです。

強いていうならイギリスが一番特徴のある発音をし、訛っているというのは過去の観念です。

多様な国籍の人が集まる国では、様々な英語を聞き学べると訓練ができるのです。

Comments are closed.